街並み案内

岡崎市

西三河最大の都市岡崎市。徳川家康誕生の地、八丁味噌の産地など古い歴史と伝統がある岡崎市。戦後は独自の文化を保ちながらも、名古屋市の成長と共に中京圏の中核都市、ベッドタウンとして成長し、人口は増え続けている。しかし近年郊外の大型商業施設などの進出により康生町や東岡崎などの中心市街地は衰退している。そのため東岡崎駅・岡崎市の再開発や、市内交通の整備による中心市街地の活性化が今後の課題。

記事一覧

【名古屋のこれからを考える】岡崎市の中心市街地活性化について

January 15, 2017

中部地方で古くから栄える岡崎市。長い間三河地方の経済の中心でもあり、また歴史が深い街としても知られている。
しかし近年の岡崎市の中心市街地は寂れたシャッター通りに、今にも閉店しそうなデパートが並んでいる。しかし岡崎市は過疎化しているわけではない。中京圏の中核都市であり、名古屋のベットタウンでもあり、人口は岡崎市統計ポータルサイトによると平成10年の332761人の人口に対し29年は384659人と増加傾向にある。

Please reload

提携サイト

スポンサーリンク

© 2017 NAGOYAPRESS nagoyapress.com