提携サイト

スポンサーリンク

© 2017 NAGOYAPRESS nagoyapress.com 

June 30, 2018

丸栄の前身は1615年発祥の十一屋で、名古屋を代表する地元資本の百貨店だ。

丸栄が今日、2018年6月30日をもって閉店する。

熾烈な百貨店競争やリーマンショックなどの経済恐慌が大きな打撃をもたらした結果業績が悪化、経営を続けることが困難になったのが閉店の主な原因だ。

閉店に際しては、全国多くの人々から、閉店を惜しむ声が相次いだ。

丸栄閉店しても、丸栄が残した「名古屋らしさ」を貫き、受け継いでいく必要があるのではないか。

 丸栄の前身、江戸時代の十一屋

名古屋の象徴であり続けた丸栄

十一屋が1625年に誕生し、三星と合併後、丸栄として再出発したのが昭和16年。丸栄には、名古屋栄の地で「丸」く「栄」えるという意味が込められている。

戦後は、空襲により大打撃を受けた中で再スタートを切り、昭和31年、本館の増築工事を経て、現在の丸栄百貨店が誕生。西日本随一の百貨店となった。

全国の百貨店で唯一、日本建築学会賞を受賞した。当時、巨大な丸栄の本館は、名古屋の象徴となっていた。

...

Please reload