提携サイト

スポンサーリンク

© 2017 NAGOYAPRESS nagoyapress.com 

北区

KITA WARD

January 23, 2017

名古屋の副都心、大曽根。千種から1駅、栄まで5駅の地点に位置しjr、名鉄、地下鉄、ゆとりーとラインが乗り入れる名古屋のターミナル駅。駅から少し歩くとオゾンアベニュー、その奥にオズモールという商店街が見えて来る。しかし、商店街の入口を入るとそこにはマンションが立ち並んでいる。商店街にもかかわらず異様な光景だ。周りを見渡してもほとんど人がいない。初めて来た人は、ここは本当に商店街なのかと疑るほどだ。それにもかかわらず道路の脇には、大金をかけて作られたと思われる謎のブジェや水の流れる休憩スペースがある。道路の部分がかつて賑やかな商店街だったことをものがたっている。

大曽根は江戸時代から、名古屋を出て最初の宿場町として栄えていた。

戦後は名古屋のターミナル駅の商店街として大曽根本通商店街(現オゾンアベニュー、オズモール)も賑わっていた。 しかし昭和38年の土地区画整理事業都市計画により名古屋市主導の再開発の計画が進むことになる。

以下オゾンアベニューホームページ...

Please reload