H

10

T

09

名古屋駅(太閤通口)

NAGOYA

​新幹線口とも言われる名古屋の玄関口

新幹線で降り立つと最初に姿を表すのが名駅西口。

リニア開通で再開発が進む

地下鉄東山線・鶴舞線伏見駅6番出口を出ると、まず最初に目に飛び込んでくるのが、地上40階建ての超高層複合ビル「グランドメゾン御園座タワー」旧御園座跡地に2017年にオープンし、低層階には、新しく開業した御園座が入居しています。

東山線改札直結の長者町横丁

夜になると街全体がライトアップされ、まちの美しさが際立ちます。

伏見のまち情報

​【住所】愛知県名古屋市中区

October 21, 2019

スポンサーリンク

​文化のまち。伏見。

名駅と栄の中間に位置し、東山線・鶴舞線が乗り入れる伏見駅。映画館の伏見ミリオン座、御園座など、多数の文化施設が拠点を構えています。また、北隣の丸の内駅周辺と共に、東海地方最大の金融街を抱え、旧東海銀行本店を始めとした銀行が多く立地しています。近年では名駅の地価の急上昇の影響や都心回帰の傾向もあり、超高層オフィスビルや超高層マンションの再開発が相次いで行われています。

統一された街並み。

静かで高貴な大人のまち。

地下鉄東山線・鶴舞線伏見駅6番出口を出ると、まず最初に目に飛び込んでくるのが、地上40階建ての超高層複合ビル「グランドメゾン御園座タワー」旧御園座跡地に2017年にオープンし、低層階には、新しく開業した御園座が入居しています。

夜になると街全体がライトアップされ、まちの美しさが際立ちます。

スポンサーリンク

伏見のまち情報

地下鉄東山線・鶴舞線 伏見駅

【住所】愛知県名古屋市中区​

​【参考】名古屋市営地下鉄伏見駅

...

September 5, 2019

あいちトリエンナーレとは?

あいちトリエンナーレは三年に一度、愛知県で開催されている国内最大規模の国際芸術祭です。県外・国外から多くの人が訪れています。 

4回目となる今回のテーマは「情の時代」早稲田大学文学学術院教授の津田大介が監督を務め、「『情報』によって我々の『感情』が煽られ、それによって翻弄された人達が、今世界中で分断を起こしている。世界を対立軸で捉えるのではなく、この世界に存在するあらゆるものを取り上げられるアートの持つ力で、人々の『情け』に訴えることによって、問題解決の糸口を探っていきたい」(会場入口「ごあいさつ」より引用)と言う思いが込められています。

また「政治と芸術を繋げる」と言うのも今回のテーマです。近年、世界中でイデオロギーの対立、排外主義などが横行し、世界は混乱の時代へと突き進んでいます。日本でも韓国人や中国人など特定の民族を差別し排斥する「ヘイトスピーチ」を行う団体が徐々に政治へと進出してきています。グローバル化が進むことで、富...

Please reload

© 2017 NAGOYAPRESS nagoyapress.com