記事一覧

March 9, 2017

都市の人の流れは血管の流れと似ている。新幹線、特急、飛行機、フェリーなどが動脈で都市間の長距離大量輸送をする。都市圏の中心交通結節点(ターミナル駅、空港、港)に到着したら在来線、地下鉄が都市圏内移動を賄う。さらに在来線の駅を中心として末端にまで路線バスが走っている。

これが日本の公共交通の現状だと思う。ただこの話が通用するのは地下鉄が通っている5大都市くらいで地方都市では新幹線、特急、飛行機、フェリーなどで交通結節点に到着した後、都市圏内移動は大体、路面電車、バスなどだ。しかし路面電車は交通渋滞の原因になることから戦後多くの都市で廃止...

Please reload

都市について考える

〜高校生が飛騨を変える〜「HIDAKKO PROJECT.」設立者鈴木日菜子さんインタビュー

September 2, 2018