• nagoya2000

東京日本橋 めぐるのれん展【武蔵野東京】

最終更新: 6月27日


スポンサーリンク

めぐるのれん展とは?

「めぐるのれん展」は、東京日本橋 三越前駅の地下通路に開催中のデザインイベントです。クリエイターが製作した、日本橋にある企業や店舗の暖簾(のれん)を1ヶ月展示しています。のれんを通し、伝統と先進性の融合を通した日本橋の魅力を表現していくというコンセプトの企画です。(参考:めぐるのれん展HP)

展示作品

灯(株式会社木屋)

三井ガーデンホテルズのおもてなし判じ絵のれん(株式会社三井不動産ホテルマネジメント)

今昔四季(マンダリン オリエンタル 東京)

東京を走らせる力(東京地下鉄株式会社)

スポンサーリンク

日本の文化・伝統の一つである暖簾(のれん)ですが、近年の一般的な家庭や商業施設ではあまり使われなくなってきています。こうして近くで見ると、改めてのれんや家紋などの美しさを実感できます。イベント開催中だけにとどまらず、一般的にのれんを使う機会が増えてくれたら良いですね。めぐるのれん展は11月4日まで開催中です。皆さんも日本橋(三越前)を訪れる機会がある際は、是非見に行ってください!!

開催場所:東京メトロ三越前駅地下歩道

めぐるのれん展のイベントページ

武蔵野東京は東京(むさしのくに)のローカルなモノ・コトを発信していくインスタグラムアカウントです。

スポンサーリンク


© 2017 NAGOYAPRESS nagoyapress.com